bull87’s blog

田舎の暮らし〜こんなふうです〜老後をお考えの方、参考に〜Iターンを選択肢に入れてる方、参考に〜なるンかなあ・・・

2019-01-01から1年間の記事一覧

「お兄ちゃん」の響き

若い二人は元旦午前2時からのUSJ ちっとも寒くなく、こんな年の暮れは初めてです。 ミラジーノのガソリンがヤバくて、たまには村のガソスタ(コレ、若い兄ちゃんに教わった)で。 なんと! リッター160円でした。 しょうがないね、山の下からくるのだもの。 …

母の手書きのレシピ 黒豆

お正月モード といっても、今年はどこへも出かけませんし、帰省客もないので、いたって余裕のモードです。 それでも、昨日出かける前に水に浸けて一日経った黒豆を、朝一番に火にかけました。 家にいるお正月の時は、七輪に炭をおこして勝手口の軒下とか、あ…

「寅さん」は永久不滅

「男はつらいよ お帰り寅さん」 朝イチで出雲まで2時間、観てきました。 寅さんのところはお客さん、少なかったですね。 他のところではあんなに若い人や子ども連れで賑わっていましたが。 寅さんが大写しでスクリーンに出るたびに、私、涙が自然と出てしま…

明日もお馬さんは走ります

世の中、お休みに入ったというのに・・・ 「アンタも、去年も走ったのね」 「おお、君も走ったのね」 ウチのオッチャンは独り言を言いながら、ダウンロードした日刊ゲンダイの枠にチェックを入れています。 「年の暮れに走らされるのも楽じゃないだろう」 「…

TVドラマを選ぶのは、私の勝手

「みをつくし料理帖スペシャル」後編 今夜9時、NHKです。 先週の前編、森山未來くんが、ものすご〜く「男前」でありました。 「いだてん」(?)を最初の3回くらい?しか見ていないので、あそこで森山未來くんがどんなかよくわかりません・・・・ 「その街…

柚子ハチミツ

のどに優しい 柚子の木はどこの家にもあります。 おばあちゃんがいる家ではたいていまず柚子味噌は作ります。 家によって柚子味噌の味はそれぞれです。 柚子のタネは大量に出るから、化粧水に仕込んで、お風呂上がりに使うのも普通のことのように皆さんおや…

「の」?

この間から気になっていて、困ったもの・・・ 昨日とうとうこんな本を出してパラパラとめくりましたが、案の定、解決には至らなかった。 古色蒼然! うん十年も前に、神田の古書店で見つけて読みましたが、国文法の基礎を曲がりなりにも勉強して、本当にあり…

「お誕生日のチャーハン」

今日は雨降り 昨日は役場前の表示、マイナス3度だったけれど、今朝は10度。 どうなっているのでしょうか。心配ですね。 で、関係ないけれど、昨夜7時過ぎ、二人の孫からシーシのお誕生日おめでとう電話がきました。 *じーじでなくてシーシです、うちは 「お…

「オバ道」とは?

「オバ道」を極める・・・ マフラーや手袋などを入れた棚を引っ掻き回していると、 おお、そうだ、「好日山荘」、あそこで買った毛糸の帽子が。。。 「ねえ、明日からこの帽子、被って行っても、いいよねえ」 ちらっと、目を上げるにはあげた 「いいンじゃん…

「ケーキの切れない非行少年たち」宮口幸治著

非行少年って言葉が本当に意味するもの この本はいっぱいいっぱい考えさせられてしまう。 「認知機能が低い」→想像力が育たない 少年犯罪の多くを、この視点から考えている。 上の2行は、大雑把に言えばの話だが、子どもたちの認知機能という視点が、問題を…

「赤い髪の女」

昨日午後2時間、夜4時間 オルハン・パムクの「赤い髪の女」を読んだ。 「わたしの名は紅」で、読書歴(と言うほどのことではない、謝る)に!!!がつくような経験は、ガルシア=マルケス以来だった。 2014年の「僕の違和感」、今回の「赤い髪の女」は2016…

ポストのうしろ・・・

三十一音の世界を幸福と感ず 毎日読んでいかないと、ゆっくり味わうということができないから、今朝は一番にミルクコーヒーを飲みながら、「うた日記」を開きました。 小池光氏の歌が続いています。 ひっそりと生馬のような夕闇がゐたりポストのうしろ覗けば…

「〜悲の器 あは雪すくひ来たるを〜」

積雪2センチくらいかな 慌ててフード付きダウンを出しました。 ついでに今朝は、滑り止めのついた長靴で出かけました。 スマホを持って出かけなかったから、こんな雪の写真になってしもうた泣 私の姿を認めると、遠くから「おはようございまあ〜す!」 珍し…

ハタハタの唐揚げ

Tくんは今朝もしょげてました。 「ハタハタだって・・・」 班長のMくんに聞いたら、「唐揚げって書いてあったかなあ」 禁漁されてからというもの、ほとんど口にしてこなかったような記憶が・・・ 「ハタハタなんて、めったに食べられないんだよ」 励ましても…

冬ごもりの楽しみ

つい夢中になる 小学校通学バッグセット→手提げ(算数セットとか入れる) 体操服袋、歯磨きセット・マスク入れ、上履き入れ 入学時には最低、これくらいの準備がいる。 初孫のIちゃんに、本来お裁縫とかできない私が頑張って作ったのは4年前。 あまり目立っ…

妄想が・・・

妻夫木くんでもいいや 「浅田家」の本編はもうできているみたいだ。 3月クランクインなんて、いつの話じゃ!ずっと前の記事を見ていたのですよ、わたし。 来年秋公開だそうだから、生きてイヨ〜、っと! そんなこんなで、さっきお茶碗洗いながら、高村薫「土…

衝撃的な!

二宮くんと妻夫木くんが映画共演とは 情報収集がトロイにもほどがある、わたし! しかも誰も教えてくれない! 「浅田家」は来年公開だそうだ。3月にクランクインするそうだ。 ニノのご結婚相手は、非常に残念なことだったけれど、そんなことはどうでもいい。…

4日間の東京

東京に行くと足に疲れが出る 先週金曜日の夜、私たち夫婦の共通の友人であるZちゃんの病状がよくないと、東京の友人から連絡が来た。 土曜朝一に広島まで出て東京へ行った。 7時半に家を出ても、西早稲田の友人宅に着いたのは3時になっていた。 入院先の大…

本を読む少年

マイナス気温は今季3度目 7時20分、この寒さに、小3Tくんは、縁石に腰を下ろして、読書中!!! 半ズボン! 首には巻いているものの、ジャンバーも来ていません。 その美しいシーン笑は感動ものです。 大体が彼はとても本好きです しかし、彼の弱点、魚…

秋を惜しむ

萩の城下はやはり特別 一泊二日の小旅行に行ってきた。 旅行というより、これは夜の宴会がメインだったので、山口の秋芳洞、萩市を移動中にざっとあちこち見て回ったに過ぎない。 萩は2度ほど行ったことがあったのだけれど、物知らずとは言え、田中義一が萩…

平野早矢香ちゃん、今もかわいいけれど

韓国戦の平野美宇ちゃんはすごかった 今夜の卓球W杯団体の中国戦が楽しみです。 で、平野美宇ちゃんではなく、平野早矢香ちゃんについて。。。 卓球はほとんど見なかった私が、卓球を見るきっかけになったのは、平野早矢香ちゃんです。 10年?近くも昔のこと…

木のことを知らないと

その土地の木を最後まで、あるいは繰り返し使う リビングのカウンターやキッチンの作業台の板の打診が来た。 北海道産のナラ、タモ、クリとかの広葉樹で、色々見積もりに書いてある。 こういう広葉樹はカンナなどの加工賃も入ってくる。 予備室とキッチンの…

「王とサーカス」

行ってみたくはあるけれど 米澤穂信さんの「王とサーカス」を読んだ。 2001年のネパール王族殺害事件の前日にカトマンズ入りしたフリーの女性雑誌記者の物語である(一応推理小説)。 読み始めは、う〜ん?という感じがあったけれど、カトマンズの街の雰囲気…

「身の丈」運動、起きるかも・・・

また、「身の丈」やってます。。。 「身の丈」ごっこ、子どもたち、するかもしンないよ! ひどい点とったら、 「ボク、身の丈にあった勉強してます。いけませんか?」 先生、怒るぜ!!!

「小判」の福井かあ〜だって

社会の鏡 小3・4年はこの村では複式学級になっています。15人います。 夏休みの宿題で47都道府県を覚えるというのが出ていたのだけれど、先週、先生が抜き打ちに!テストをしました。 もちろん、ほぼほぼ再テスト要員が出たわけで、放課後学習教室でも、…

ちょっと、刺激的

令和のガキンチョ 朝の集団登校の付き添いは、ちょびっと面倒な時もあるが、私の生活リズムの維持には欠かせない。 今朝の4年女子との会話 「わたし、新しい彼氏ができたンよ。誰にも言わないでよ。Sくん」 「6年じゃん。Kくんと付き合ってたンじゃなかった…

ごめんね、ミラジーノ

今朝、役場前 4度の表示 さすがにこれだけ冷えると、日中は爽やかな秋晴れ! 車に乗っていると、窓を開けて走りたくなりました。 おっと、危ない!運転席側の窓を開けてはいけないのだ!!! ミラジーノ、この間窓を開けたら、閉まらなくなってしまった。 一…

男のアルミ缶

なに、入れるの? さっきの愚痴こぼして、新しいコーヒー豆でコーヒー淹れたら、もう一個、書きたくなってしもうた。。。 物言わぬは 腹ふくるる心地す・・だったかな?兼好法師 アルミコンテナ PACIFIC FURNITURE ステンレスダストボックス、ドイツのアルミ…

ステンレスゴミ箱揃えたら、ゴミ捨てするんかい!

そりゃあ!つかれるわあ〜〜〜 現在、島根県の山の中に住みながら、函館の夫の実家をリノベーションしているわけで、わたしは考えることや気がかりがいっぱいのいっぱい。。。 下手の考え、休むに如かず・・だっけ? 問題① 大体が最終的な工事費用の概算が出…

「面映ゆき記憶」

現代短歌は地中深くに入り込んでいくみたいだ・・・ 「うた日記」で教えていただいたうたから三首 小島熱子歌集『ポストの影』の鑑賞が5回にわたって書かれた中から書き出した。 やはらかきひかりのなかに頬杖をつけば面映ゆき記憶がよぎる 耳底にいまも列…