bull87’s blog

田舎の暮らし〜こんなふうです〜老後をお考えの方、参考に〜Iターンを選択肢に入れてる方、参考に〜なるンかなあ・・・

本は本、映画は映画

自分の想像力はたかが知れている

平野啓一郎さんの本があまりに面白かったから、映画は見ない事にしていた。

本を読んでいくうちに、「男」や「女」の輪郭というか、「男」の像、「女」の像が、朧げながらも作られていくのではある。

そういう自分勝手な想像力を、映画になって「はい、どうぞ」と広げられるのは、あんまり・・かな・・

 

昨夜はついついAmazonプライムビデオで遅ればせながらの「ある男」を観てしまった。

多分、ちょっとした心の隙だな笑

というか、涼しくなって、夜が長くなったからでしょ。

 

 

感想①

清野菜名さん、美しかったです。

彼女の透明感です。

「キングダム」の羌かいは、少女のようで、この「ある男」ではスナックのお姉さん役で、妻夫木さんとの綺麗なやり取りの雰囲気がとても良かったなあ。

     

 

感想②

妻夫木聡さん、本ではおそらくは彼自身が「ある男」でもあるはずなんだが、そこのところの色合い?そんな感じが、うまく出ていなかったような・・残念・・

 

妻夫木聡さんの映画を全部見ているわけじゃないから、ここからは私の「勝手な言い草」としよう。

「悪人」の妻夫木くんが一番好きです。

なおかつ深津絵里ちゃん、この組み合わせ!

 

妄想です。

高村薫の「土の記」を、妻夫木くんと深津絵里ちゃんで、映画で!観たい。。

 

こういう映画、阪本順治監督がいっぱい余白入れた脚本書いて、遠景映像美と、なんなら白黒画像でもいい雨の景色と、妻夫木聡深津絵里の言葉のないやりとり、佇んでいる感じ、これを観たいというのが切なる願望。

 

本は本、映画は映画なんだから、つべこべ言わない。

あまり詳しくなかった清野菜名さん発見で、良かった。

 

で、又吉直樹さんの本「劇場」、映画は山崎賢人なわけで、これも怖くって観ていない。

だって、ああいう山崎賢人くんを、私は観たいのかなあ・・疑問。