bull87’s blog

田舎の暮らし〜こんなふうです〜老後をお考えの方、参考に〜Iターンを選択肢に入れてる方、参考に〜なるンかなあ・・・

今、アッバス・キアロスタミ監督に行くかなあ〜 2)

ジグザグ3部作品

アッバス・キアロスタミ監督の

「友だちのうちはどこ?」(1987年)

そして人生はつづく」」(1992年)

オリーブの林をぬけて」(1994年)の3部作を、観た。

「友だち〜」は2回見た。

そうしてこの映画の真骨頂は、シーンの一つ一つが、写真を切り取ったみたいにできていること、そのことにあるというような気がしてきた。

 もちろん、アハマッド少年の表情のあまりの美しさについては言うもがな。。。

f:id:bull87:20211026091417p:plain

今日、10月26日、渋谷ユーロスペースで、夕方から上映している。中国山地の山間に住んでいて、飛んで観に行けない。なおかつ、この心境を共有する友も、この村にはいないのだ・・・

 

ジグザグ道、オリーブの林、薄暗い石段の角度と、その光と影、

家家の玄関の扉と、窓枠、

じっと動かない遠景のカメラ、

大人を見上げるアハマッド少年の顎の角度と首筋、その瞳が映す不安

 

どれもこれも一枚一枚の美しい写真になる。。。

おっと、素焼きの植木鉢のゼラニュウムの赤は、あれはどちらかといえばありきたりではあったけれど、写真と写真をつないで見せるには、必要だったんだね。。。

ラニュウムの赤は、私の記憶に間違いがなければ、

  ジャン・ルノワール監督の

 「大いなる幻影」(1937年)で、窓辺の一輪だった。

 

そういう意味では、今時の映画は、シーンの一つ一つを写真のように切り取って鑑賞できないふうに仕上がっているような・・・

これを退化というべきか、映画の進化というべきか、時代遅れのおばさんにはわからないなあ・・・

 

お節介なAmazonプライムさんは、次に見るべき映画の数々を並べてくれるのであります。

ケン・ローチ監督の作品もそれらの中に並べているから、これはどういう意味なのか、判読し難い。

つまり、穏やかに、鑑賞できますよ、そういうことかな?

夫と一緒に呟いた。

死ぬまで観る映画はあるなあ〜

 

いちやなぎ「きっと」と森田童子「ぼくたちの失敗」

NHKラジオの「又吉・児玉・向井のあとは寝るだけの時間」

           f:id:bull87:20211022084752p:plain

これ、9時からだから、私の場合、「あとは寝るだけの時間」というタイミングではないので、思い出した時に聴き逃しで聴く程度のリスナー?なわけです。

 

で、確か一ヶ月前くらいかなあ、又吉さんが選曲した「きっと」っていう曲が、心の残ったンであります。

           f:id:bull87:20211022084823p:plainf:id:bull87:20211022084848p:plain

 

これ、どこかで聞いた曲の感じに似ている、って思って、そのままにしていたが、アマゾンミュージックで買って、もう一度聞いたら、確信に変わりました。

そうしてずっと、なんだっけなんだっけっていう日が続いていたが、

森田童子の「ぼくたちの失敗」!あれだったんです。。。

 

曲を聴いたあと、向井さんが「なんか泣きそう」って言ってたけれど、

なんでもよく知っている又吉さんが森田童子のことを知らないはずはないのに、「ぼくたちの失敗」の曲のことを言わなかったから、

もしかしたら、似ている?って思うのは、あんまり音楽と縁のない私の勘違いかもしれないです。

真田広之桜井幸子のTBSドラマ「高校教師」のオープニング曲で、確か大ヒットしたドラマのはずなのだが、私はこのドラマは見ていない。1993年ですって。)

 

 

シンパシーとエンパシー

久々のはてなブログを書いたら、ついでのも一つ。

        f:id:bull87:20211019095451p:plain

 

ブレイディみかこさんの「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」なんだけど、

これは夫が療養中に読んでて、「こういうの、あなたも読んだら?」って渡してくれてた本だ。

やっとこさ読み始めたんだけれど、私みたいな世間知らず?には衝撃的だった。

母ちゃんの子供に対する姿勢がいいなあ。

私、こういう母ちゃんじゃなかったから。

それに、子供達の教育環境、日本のあまりの生温さ、貧しさに合点がいった。

学校に行きたくない子は、無理に行かなくてもいいんじゃないかって、今の学校って、そんなふうに思わせるところがあるんだよね。

 

この本に関して、も一つ、いいことがあった。

私がテーブルに読みかけのこの本を置いていたのを、私の家に宿題をしに寄る小6のT君が見たんだね。

本に書いてあることについて、ちょっと彼に話してあげた。

それから1週間余り経って、昨日、こう言った。

「ぼく、図書券が余っているから、今度本屋に行ったら、あの本買ってみようかな」

 

学校でも、先生方が気になっているちょっとした障害があって(障害と言っていいのか、これにも問題あり)、本読みとか、すごく苦手なんがけれど、彼の中にそういう気持ちが生まれた、あるいは、ちょっと自信が生まれた、そんな発言だったよ。

 

本はあげてもいいんだけれど、彼が自分で本屋に行って、お母ちゃんたちの前でその本を探して、自分の図書券で買う、こういう行動は、お母ちゃんたちにもいいことなんだ。

 

宿題を見てあげるだけで、時間があれば、おやつを食べながらキングダムの話とか、オセロゲームとか、そんなことをしているだけだけれど、

この3年間は、彼から昨日の言葉を聞くことになる3年間だった、それでいいんじゃないかと、そう思った。

 

少年たちに、幸あれかし!

おっと、「友だちのうちはどこ?」、あの子たちにも幸あれかし!

あの主人公の子のその後を探しに行く映画がある。今度はこれを観る。

今、キアロスタミ監督に行くかなあ〜

どうも、テレビのニュースも見なくなったよ、私は。。

つまりですね、あの方のお顔を拝見したくないのであります。

何を考えているのかわからないお顔、私のような単純バカには、ちょっとね。

 

でもって、もともとテレビとか面白くなくなって久しいわけだが、ニュースも見ないとなれば、夫婦二人の夕食後の時間はどうなるか?

 

というわけで、アッバス・キアロスタミ監督の連チャン鑑賞とあいなった。

まずは一昨日、一人で、ベッドにMacBookを持ち込んで、

おそらくず〜っと心のどこかにひっかかっていた「友だちのうちはどこ?」を観た。

        f:id:bull87:20211019085752p:plain

美しい、これに尽きる。

「観る」には敵わない。

先週映画館で「護られなかった者たちへ」を見たが、ハンカチを押し当てて泣き通しだった。ああいう涙ってなんだろうね。

心の奥深くで、美しいものに触れて涙が流れているような、「友だち〜」は、そういう映画のようだった、私には。

 

(本当は「空白」を見たいのだが、こんな山陰の町では、見られないのであります。レイトショーで上映してるけれど、真っ暗な山道を走る元気はない・・・)

 

で、昨夜は夫も巻き込んで、「桜桃の味」観賞会になった。

二人とも、言葉が出なかったね。

なんじゃ、これは・・・

どういうこと?

う〜ん・・・時間泥棒?

       f:id:bull87:20211019085819p:plain

        渋谷のユーロスペースで10月17日から上映している。東京はいいなあ〜

 

私は黙ってお風呂に入りましたです。

 

で、つらつら思うに(どうせ思っても大したことない)、

つまり、「友だち〜」にしても、この「桜桃の味」にしても、イランという国で、低予算で、めちゃくちゃ抵抗した監督の映画?

 

まあ、今しばらくはAmazonプライムで、アッバス監督の映画を、こちらも意地になってみることにしよう。(夫は、勘弁してください、っていうに決まってる)。

 

 

まさかの感染症! 3)

「お医者さんて、首かしげるようなときには、不思議と、ツムラ漢方薬を出しなるけんね。」    松江市に住む妹は出雲弁で話す)

夫の様子を聞いてきた妹は、こう言った。

笑った!

 

もう10年若ければ、夫はサッサと?回復したかもしれない。

確かに、1週間も38以上の発熱、次の1週間は7度台、やっとこさ、3週間目になって、36度台後半までに下がった。

血液検査の値も良くなっているというわけで、今週はもう抗生物質は出されなかった。

 

しかしながら、食事はなんとか7、8分目くらいは食べているけれど、微熱が続くから体の頑張りがきかないらしく、ほぼ寝たり起きたり状態だ。

(しかしながら、こちらも不思議と、金・土曜日の夜には日刊ゲンダイの競馬欄をダウンロードする力はあるらしい)

 

というわけで、夫はツムラ漢方薬で帰された。

「死んだかもしれない病気でしたよ」お医者さんはこう言われたそうだ。

ダニ感染症日本紅斑熱、本当に恐ろしい病気なのだ。

 

で、ここからは笑い話・・・

「僕らの田舎暮らしは、寄生虫で始まって、ダニ感染症で終わるのかあ〜」

笑った!

 

20数年前に東京から中国山地のど真ん中にやってきて、そうして来春には函館移住することになる「僕たちの田舎暮らし」。

 

当時、小1でこの村の小学校に通うことになった娘が検便検査(今はもうしないらしい)でひっかかった。

そうして家族全員が薬を飲む羽目になった。中3の兄は言った。

「お前のせいで、こんな大きな薬を8個も飲まなくちゃいけないいんだぜ」

 

引っ越してきた夏、ご近所からなにくれとなく自家栽培の野菜が我が家の玄関に届くという、「大歓迎」を受けた。

給食のスープに「青虫が浮かんでた」と、Y子の発言もあった。

 

つまり、「僕たちの田舎暮らし」は、この寄生虫騒ぎに始まった。

そうしてこの村での最後の夏に、夫は日本紅斑熱という感染症のお土産をもらったのである。

 

で、今日は、集落の道路沿いや桜並木の下草刈りの日だった。

草刈りに出る体力は、今の夫にはない。

「ここに来て、一度も休んだことはなかったのに」と、夫は言った。

「いつか、一人で道路沿いでも刈っとくかな〜」

 

最後の最後に、田舎暮らしの象徴ともいえる「集落の共同草刈り」をパスする事態になったことは、案外夫の心を傷つけているのかもしれない。

草刈りが好きなわけではない。

田舎暮らしの象徴、これをきちんと収められなかったということは、なんだか「僕たちの田舎暮らし」に、ちょっとしたシミみたいな、つまり、ケチがついたみたいな・・・

うん、わかるよ、その気持ち。

 

で、夫の看病をしながら、私が作っていたのは、函館の家のカフェカーテンとか、ビーズ小物だった。

       f:id:bull87:20210926144849j:plain

          台所のカフェカーテンの残り生地で作った小さなポーチ?

「ラジオ聴きながら、ミシンかけとかしてるよ」

Y子のライン

「そんなシケたことしてないで、ゴッドファーザーでも見たら。」

  (ゴッドファーザーなら、何度見ても飽きずに楽しむという私の習癖を娘は把握している)

笑った!

そうか、ミシンかけとか、シケたことなンかあ・・・

 

 

 

まさかの感染症! 2)

日本紅斑熱、ですと。。。

それなりに私、調べたんであるが、まさかマダニ、しかもリケッチアとかなんとか、恐ろしい菌を持ったダニに、どうしてまた・・・たまたま・・・噛まれる・・・

 

   f:id:bull87:20210910173156p:plain

 

第一、松江の保健所に送ると言った血液検査の結果はどうなったんじゃ・・・

もしかしたら、松江の保健所には送ってないかもしれない。とにかく保健所はどこもかしこも大変なんじゃ

 

今日は診察室に入らなかった私は、夫から聞くしかないが、

医者は、「おそらく」と言ったらしい。

なんじゃそれ!

 

まあ、ツツガムシ病も日本紅斑熱も、テトラサイクリン系抗菌薬で同じだと、書いてはある。

夫がもらった後発医薬品ミノマイシンはそれに当たるらしい。

  ミノマイシンは、あの〜ファイザーの薬だった

 

発熱は繰り返してはいるが、徐々に治る傾向にある、

よってミノマイシンは効いていて、医者は、自分が予見した日本紅斑熱「おそらく」決まりだと、そういうこと?

 

あれ?この間の初診では、ツツガムシとか言ってなかったか・・・

 

まあとにかく、もう三日、ミノマイシンを飲んで、様子見?と相成った。

 

確か日本は皆保険の国ですよね。

結構な保険料を払ってきたし、今もどんどん払い続けている。

ホントに降って湧いた様に、ダニ感染症とか言われたのでヤンス。

どの病原菌を持ったダニに噛まれたか、血液検査くらい、ちゃんと!速やかに!して欲しい。

 

ああ、ここで愚痴っていても、みなさん、もっと大変な思いをされている方が、たくさんいらっしゃるのでしょうから、もう止めよう。

 

でもね、言いたくもなる。

一昨日は茶碗蒸しとおかゆ、キスの煮付け、梅干し2個、食べてくれたから、ちょっと安心したが、

昨日は、一切手をつけず、ヨーグルトと梨を食べただけで、お布団に倒れ込んでた。。。

発熱が続けば、やはりしんどいよね。

コロナ罹患で一人ぽっちで自宅療養している人、どんなに大変なことだろう。

心細いより何より、熱があれば、ただただしんどい。

 

で、おまけの話

診療所からの帰り、事務所に仕事の段取りで寄った夫は、結局1時間以上、帰らなかった。

そうしてまた、りんごだけ食べて寝た。

おそらくまた発熱だ。。。

けれどもどういうわけか、三時頃には白玉団子に冷たい餡子を乗せて、これは食べた。

ウチのおっちゃん、白玉団子だけは、どんな場合も食べるなあ不思議。。。

 

 

 

まさかの感染症!

「山の中の天然シェルターに入ってるんだから、出かけないで大人しくしてればいいよ」

東京の娘がこう言ったのはいつ頃のことだったか。

 

いやいや、中国山地の天然シェルターに守られてイイ子にしていたら、

先週日曜日の夕方、夫が

「なんかしんどいなあ〜 筋肉痛というか〜 先週の作業かなあ〜」

そんなこんなで検温したら、おっと、38.7!あるぜ!

 

とりあえず月曜日は様子見。

熱は下がらず、まさかまさかの?と恐れても、鼻水が出るでもなく、咳もなし、

「呼吸、苦しくない?」

「いいや」

 

37度以上発熱したら、完全ダウンの夫が、38度以上の熱になんとか持ち堪えてはいた。

さすがに、火曜日、村の診療所に電話。

発熱外来は、診療所の裏の出口。

完全装備した看護師Mさんと、下の街の医療センターから来ているお医者さんが現れた。

 

まずはPCR検査。

30分後に「COVID、マイナスです」の看護師さんの声。ほっ。。。

 

さあ、防備装備を取り払った看護師Mサンと医者が再び現れた。

「電話で発疹があるって言われましたね。」

夫の腕とお腹の発疹を見た医者の御宣託!

「ダニですね」

マジか!

   f:id:bull87:20210910061622p:plain

 

なおかつ別の医者が現れて、夫はパンツまで脱がされて、隈なく探索された。

「ダニは柔らかいところにくいつきます。

瘡蓋を見れば一発でどのダニかわかるんですが・・・」

 

さらに、研修医が連れてこられて

「滅多に見られませんから、研修医に見せてやってください」

湿疹を研修医に観察させた。

 

詳しい経緯は省くが、先週に夫が隣の村の作業場をチェックしに行ったが、不良品(木材加工品)が大量に出て、夫は普通の格好で!その作業の手伝いをした。

これが確か3日くらいあった。

 

マダニ、ツツガムシ、日本紅斑病・・・

ああ、ネットでその姿を見るのさえおぞましいダニ、こいつに噛まれて

感染し〜の、

感染しての発熱、湿疹、

 

コロナウイルス感染症ではなく、ダニ感染症という、なんか、こう、ある意味、笑う?

ことの顛末とあいなった。。。

 

もう一つ問題があるのよね。

普通はダニの感染が疑われたらすぐに入院、検査、ダニを特定して、抗生物質を的確に飲まないと、後々大変な事態になるらしい。

 

何しろ、保健所に報告義務のある感染症で、発見が遅れると致死率も高い。

 

と、こういう事態なのに、

「今、医療センターに、入院できないんです。

浜田の保健所に連絡して血液検査の結果をやりとりしましたが、はっきりしません。

もう一回血液を取らせてください。

松江の保健所に送って検査してもらいます。」

 

う〜ん???マジか!!!

普通には血液検査なんて、すぐに結果、出るンと違います???

 

とりあえず医者が判断した抗生物質を飲んで、様子を見る、ですと・・・

しかも、三日間!

その抗生剤が効かないダニ感染だったら、どうなるんじゃ!

 

おまけに、

「今夜、意識障害とか、震えとか出たら、すぐに医療センターへ行ってください。」

「救急車を呼ぶんですか?」

「いえ、奥さんの車で、救急外来に行ってください。」

こっちも、マジか!

 

とまあ、こうして三日間、夫は8度以上の発熱、解熱剤を服用、解熱、発熱・・・

お粥と煮麺、フルーツ、水分で過ごして、

私は、いささか、というより、相当疲れた・・・

 

今日は診療所へ行く。

 

ちゃんと検査結果、来てるんだろうな!

肝機能障害とか、神経系の障害とか、残ったら、どうする。。。

 

おまけのおまけの話。

どこからか聞きつけた妹が電話の最後に

「それ、労災じゃない?」

そりゃあないだろう。